La Plantation: カンポットペッパー・香りを楽しむ胡椒

2018/04/04 08:09


La Plantation へようこそ。

La Plantation はカンボジア南部のカンポット州という
山と海に囲まれた場所にある胡椒農園です。
”世界一美味しい胡椒”と呼ばれるカンポットペッパーを
栽培・生産しています。


カンポットペッパーは、
カンポット州とケップ州の限られた地域で栽培された固有種で、
伝統農法を忠実に守って栽培、厳しい生産基準に準拠していると
カンポットペッパー協会(KPPA)によって認定された胡椒のみが
名乗ることができる名称です。

PGI (地理的表示保護)という制度によって守られていて、
シャンパーニュ地方でつくられる微発泡ワインのみが
「シャンパン」と名乗ることができるのと同様、
地域性・生産方法が厳しく管理されています。


La Plantation は、
世界各国を旅してきたフランス人とベルギー人の夫妻が
カンポットペッパーに出合い、惚れ込んだことをきっかけに 
この地に移り住んで 農地を開拓しました。

カンポット州でも最大規模を誇る農園で、
KPPAの主要メンバーとして品質を守る取り組みをしています。

農園では毎日、無料のエコツアーをおこない、
旅行で訪れた人たちに農園内を案内して胡椒の魅力をつたえたり、
近隣の子どもたちの学校・教育を支援する活動も積極的に行っています。


夫妻が欧米人ということもあり、体によいもの、自然由来のもの、
オーガニックであることにも熱心です。

La Plantationの胡椒は、KPPAによる厳しい品質管理に加え、
フランスの有機認定機関であるEcocertの有機認証を【農園独自】で受けています。
このような農園は、カンボジアでも数えるほどしかありません。

Ecocertの基準は大変厳しく、商品ラベルの内容にも厳格な規定があります。
認証を受けた番号の記載や、複数のロゴと一緒に表示することが定められています。



「KAMPOT PEPPER」と「Ecocert」マーク のみがついている商品は
正式表記と異なる可能性がありますのでご注意ください。
(KPPAによって厳しい取締りがされています)

また、カンポットペッパーはトレーサビリティ制度を取り入れています。
どの農園でいつとれた胡椒なのか、すべて商品上で番号管理されています。
ここまで厳格に生産されているからこそ、カンポットの豊かな自然の恵みを
ひとつぶに凝縮した、香り高く美味しい胡椒ができるのです。

-----

カンポットペッパーを使うと、
その芳醇な香りと奥深い辛味で いつもの料理ワンランクアップします。

「胡椒ってこんなに美味しかったんだ」
「胡椒でこんなに変わるんだ」

この驚きをきっかけに、胡椒の魅力に触れていただけたら嬉しいです。

胡椒の歴史をひもとけば、、、
紀元前4世紀には本に書かれ、古代ローマでは同重量の金と交換された。
大航海時代には胡椒を求めて人々は危険な海を渡った。

これほど胡椒が貴重で好まれたのには理由があります。
そんな胡椒の魅力も紹介していけたらと思います。