La Plantation: カンポットペッパー・香りを楽しむ胡椒

2018/01/11 09:18

La Plantationでは、黒・赤・白の胡椒(粒)を販売しています。
この色の違いはどこからくるのかご存じですか?
種類の違いでしょうか?


いいえ、
これらはすべて同じ胡椒の木からとれた
同じ種類の胡椒の実から作られています。

【答え】

収穫の時期や ひと手間の違いでこのような色の違いが生まれます。
胡椒の果実は初め緑色をしていますが、完熟すると赤くなるのが特徴です。
黒胡椒と赤胡椒の色の違いはここから生まれます。



では、白胡椒はどうでしょうか?

白胡椒は、なんと、
赤い完熟胡椒の表皮を取り除いて種だけにしたもの。
丁寧なひと手間が加わって 白くなっているんです。

黒胡椒は、若々しいフレッシュな香りと辛さ。
赤胡椒は、熟成した果実ならではの豊潤なうまみ。
白胡椒は、香りや辛みが強い表皮がないため、よりマイルドで上品に。

3種類それぞれに、それぞれの美味しさがあります。
ぜひ食べ比べてお楽しみください!



■La Plantationの黒胡椒: 
 
農薬や化学飼料を一切使わず、有機飼料のみで栽培した胡椒の実が
「完熟するまえの緑色」のときに手摘みで収穫。
一粒ずつ選別したあと、熱湯消毒をして天日乾燥しています。
カンボジアの強い日差しの下、手作業で丁寧に乾燥。夜は屋内で保管し、
翌朝にまた屋外で乾燥作業を続けます。
数日すると、一粒一粒がぷっくりしっかりとした香り高い黒胡椒になります。
保存料不使用。すべて手作業で自然由来のものだけで作られた最高級の胡椒です。


■La Plantationの赤胡椒:
  
緑色をした胡椒の実の収穫から1~2か月ほど経つと
胡椒の実が赤く熟してきます。
その赤い実だけを収穫して熱湯消毒、天日乾燥させたものが赤胡椒になります。
日本ではほとんど見かけることのない、大変珍しく貴重な胡椒です。


■La Plantationの白胡椒:
  
完熟した胡椒(そのまま乾燥させると赤胡椒になります)の表皮をのぞき、
種の状態のみにして天日乾燥させたものです。
よくみると、黒胡椒や赤胡椒に見られる、シワっとしたものがありません。
表皮がないため、黒胡椒や赤胡椒とは違った味と香りが楽しめます。


■黒・赤・白胡椒の3種類すべてが楽しめるお得なセットもあります



La Plantation こだわりのカンポットペッパー。
食べる直前にミルでひいて 香り立つ美味しい胡椒をお楽しみください!