La Plantation: カンポットペッパー・香りを楽しむ胡椒

2018/01/31 03:04

カンボジア・カンポット州

La Plantationの胡椒の収穫は1月からピークを迎えます。

今年も良質の胡椒がたくさん実りました!


緑色の実は、成熟する前の胡椒です。

ひとつづつ丁寧に手摘みし、
天日乾燥させると【黒胡椒】になります。

黒胡椒のフレッシュな辛さと香りは、
若い緑色の胡椒の特徴です。



おすすめの【塩漬け胡椒】も、
この緑色の胡椒から作られます。


胡椒が成熟すると赤くなります。

この実だけを丁寧に集め、
そのまま天日乾燥させると【赤胡椒】になります。

日本では流通が少ない、とても貴重な胡椒で、
味に成熟した実からくる甘さが加わります。


さらに、完熟胡椒の表皮をのぞき、
種だけにしてから天日乾燥させたものが【白胡椒】です。

刺激や香りの成分が表皮に多く含まれるので、
白胡椒は黒胡椒にくらべマイルドな味と香りになるのは、
表皮をのぞいているからです。


胡椒の実は、全部が赤くなることはなく
ごく一部のみ色が変わります。
赤胡椒、白胡椒が貴重なのはそのためです。


そして!
長胡椒(ヒハツ)の収穫もはじまりました。


中国やインドでは古くから医学に取り入れられていた長胡椒は、
毛細血管を改善する健康食品として注目されています。
長胡椒の特徴は、シャープな辛さと、さまざまなスパイスを
思わせる独特の香りです。

長胡椒も、成熟する前は緑色です。
早くに摘み、塩漬けにしたのが【塩漬け長胡椒】です。


赤く成熟してから天日乾燥させた【長胡椒(房)】。


そして、ここ La Plantation 以外では
ほぼ手にすることができないのが
【世界一小さい胡椒】(長胡椒の種)です。

成熟した長胡椒から、種だけを取り出して
天日乾燥したものです。

大きさはポピーシードくらい。
小粒のなかに辛さと香りをまとっています。


La Plantationの胡椒はすべて無農薬栽培。
化学肥料は一切使用していません。
古くから伝わる伝統の胡椒栽培をおこなっています。

原材料は、胡椒のみ。
塩漬けの場合は、食塩が加わります。

食品添加物は一切使用せず、
食の安全にもこだわっています。

ぜひLa Plantation のカンポットペッパーの
香りたつ美味しさを味わってください。